NJUDGE戦略

NJUDGE戦略

RBREAK戦略同様に市場参入率は低く、マーケットボラティリティが上昇している局面でシグナルの発生頻度は高まります。

RBREAK戦略同様に夜間取引の値動きからシグナルを発生させますが、重要な事は夜間取引のチャート形状のみとなります。したがってNY市場のトレンドを追う特徴がありますが、値動きは東京時間にも影響してくるので夜間取引が強くても日中取引が弱ければパフォーマンスを落とす傾向があります。基本は夜間取引のトレンドが日中を通じて継続し、さらに夜間取引につながる場合に高いパフォーマンスを見せる特徴があります。RBREAK戦略に比べても市場参入率は高くありませんが、より慎重に、勝てる局面でのみ売買を行う事を目的としています。こちらの戦略は同様に夜間寄付き値段をみて(明らかに寄付き値が日中終値よりも高く、安く寄り付くことが判明している場合を除く)最終判断を決定し16:35、もしくは夜間寄付きでオーダーを入れます。こちらも自動売買は可能でその場合はGatorsRoboを利用します。

以下、当戦略でのみ運用した場合のヒストリカルパフォーマンスとなります。(先物ラージ1枚、ロスカット/プロフィットテイクは5分足終値判定±350円)